輸送容器の性能試験

輸送容器試験

  化学工業の発展に伴い、危険物の輸送は増大の一途をたどっていますが、これらの

危険物を安全に輸送する事は、不可欠なテーマであります。

  当センターにおいては、国際間における危険物の安全輸送(海、空、陸モード)の

ための統一基準・国連勧告に基づく危険物容器の試験設備をいち早く整え、過去六年

間の調査研究(危険物の個品海上輸送に関する調査研究)で得られた豊富な知識をI

MDG規定やICAO規則に基づく性能試験(UNマーク)に活用し安全性評価に役

立てております。

国内の陸上輸送における危険物容器はもとより、非危険物を収納する容器や電気機

械の製品梱包容器についても、それぞれの基準や社内規定等に基づいて性能試験を実

施し、各方面から高い評価を頂いております。

 

対応可能な試験規格

   危険物容器及び包装の検査試験基準---日本舶用品検定協会(HK)

   危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示---消防法

   毒物及び劇物の運搬容器に関する基準---厚生労働省

   IMDG-CODE---海上輸送

   ICAO Technical Instructions---航空輸送

   IATA 危険物規則---航空輸送

   JIS Z 1651---フレキシブルコンテナの国内規則

   ISO 21898:2004---国際標準化機構

   感染性廃棄物容器評価基準---日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)

 

容器の種類(国連勧告に基づく)

   小型容器(450リットル以下)

    形状や構造から次のような容器があります。

    ドラム、ジェリカン(角缶)、箱、袋、複合容器(プラスチック製の内容器が入った鋼製ドラム等)

 

   IBC容器(3000リットル以下)

    材質等により次のように分類されています。

     金属製(鋼、アルミ等)、フレキシブル(樹脂クロス、織布、紙等)、

     硬質プラスチック製、複合容器、ファイバ製、木製