20200205濱田所長写真.jpg

製品安全評価センター所長
濱田 哲
 

 

ご 挨 拶
 
 製品安全評価センター(RIME:Research Institute of Marine Engineering)は、船舶の艤装品、船用品の開発に必要な試験、研究を行うことにより、海上における人命の安全、海洋環境の保全等に貢献することを目的として、国土交通省のご指導と(公財)日本財団のご支援を受けて、昭和47(1972)年に設立されました。
 厳しい国際競争の中にある海事産業にあって、艤装品、船用品においても弛まぬ技術革新が必要とされています。このため、当センターは、各種試験設備と経験豊富な技術スタッフを擁して、艤装品、船用品の開発、型式承認の取得等において必要とされる様々な試験を提供することで、これら製品の開発、性能向上に貢献することを目指しています。
 当センターは、国土交通省からSOLAS条約FTPコード(火災試験方法の適用に関する国際コード)に適合する我が国唯一の試験機関として認定されているほか、(公財)日本適合性認定協会(JAB)からISO/IEC17025(試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)に適合した試験所と認定されるなど、高い試験品質を維持しています。
 また、海事分野の試験で培われた試験品質に対して高い評価をいただき、多岐にわたる分野の製品の試験を数多く実施しています。
 最近では、試験設備を順次リニューアルして試験環境の改善を図るとともに、各種試験設備のご利用状況をWebサイト上で開示するなど、利用者の皆様の利便性の向上に努めています。
今後とも、国際的な第三者試験機関として利用者の皆様の満足と信頼を得るべく努力してまいりますので、皆様の一層のご利用をお待ち申し上げています。

 

 

 

製品安全評価センター運営方針
 

1.国際的な第三者試験機関として、広く海事及びその他の分野における公益の増進に努める。
2.独立した事業体として、事業の管理、運営の一層の適正化、効率化に努める。
3.業務の的確、円滑な実施に資するため、技術力の向上に努める。
4.国内のみならず、国際的な視野に立った事業活動に努める。
5.安全かつ快適な試験環境の確保、維持に努める。