よくあるご質問

(Frequently Asked Questions)

 

 製品安全評価センター(RIME)の概要、試験の申込・実施、証明書等の発給等の流れ等をご理解いただくために、過去にあった質問とそれに対する回答を記載します。

 

Q1.製品安全評価センター(RIME)はどのような試験をしているのですか? 

A1.製品安全評価センター(RIME)は、国内外の各種基準・規格に基づく試験を実施し、世界に通用する試験成績書の発行をすることを基本としています。

そのため依頼者のご要望により、成績書は和文、英文、又は両方を発行します。

その他、試験成績書を提出される相手先(旗国、船級など)を考慮し、どのような成績書(報告書)を作成するのかについて依頼者とのご相談、コンサルタントも行っています。

製品安全評価センターは、平成24年4月の国土交通省海事局長通達において、すべての試験分野(物件)で船舶安全法における型式承認等に係る試験データの活用ができる試験機関として認められました。

 

Q2.船舶の型式承認試験とはどのようなものですか? 

A2.船舶艤装品、船用品等について、国、船級協会等の型式承認を受ける際に当該船用品等が基準を満たしていることを確認するための試験です。センターは、第三者試験機関として、試験を実施し、成績証明書を発給いたします。

詳しくは、品管本部のWebサイト(http://www.jsmqa.or.jp/)に「船舶検査情報-型式承認のしくみ」の情報がありますので、参照してください。

 

Q3.製品安全評価センター(RIME)に試験を申し込みたいのですが、どうすればいいですか?

A3.試験担当者(お問合わせ先)又は代表番号(042-400-3000)にお問合わせください。

事前に当センターのWebサイトの「ご利用案内」で、ご希望の試験について当センターで実施可能かどうかをご確認ください。

 

Q4.試験の申込から試験の実施、成績書の発給に掛かる期間を教えてください。

A4.試験の実施、成績書の発給に掛かる期間については、実施する試験の内容、使用する試験設備の利用状況等によって異なります。

試験担当者(お問合わせ先)又は代表番号(042-400-3000)にお問合わせください。

 

Q5.試験費用を教えてください。 

Q5.試験費用は、機器使用料、役務費(試験工数)、試験材料・消耗品費、光熱水費、一般管理費等の積算となり、成績書が発行される場合には、成績書発行料等が追加されます。

また、試験内容、試験品数、試験成績書の発行部数、その他により試験費用は異なります。

概算費用の見積りについては、試験担当者(お問合わせ先)又は代表番号(042-400-3000)にお問合わせください。

 

Q6.製品安全評価センターの試験成績書で、MED(欧州舶用機器指令)の承認、「舵輪マーク」が取得できますか?

A6.MEDとは、舶用材料・機器に対して適用されるEU指令の一つであり、MEDの適合性承認は、欧州委員会に登録されたEU共通の認証機関(Notified Body)により実施されることとなっています。

製品安全評価センターは、Nippon Kaiji Kyokai(Netherlands)BV(日本海事協会〔NK〕オランダ法人)からMEDの定める試験が実施できる試験所として認定されていますので、当センターの試験成績書は、MEDの承認(舵輪マーク)の申請に使用可能です。

MED(舶用機器指令)の承認申請については、日本海事協会にお問い合わせください。

(一財)日本海事協会 材料艤装部

Tel:03-5226-2020

Fax:03-5226-2057

E-mail:eqd@classnk.or.jp

※ EEA(European Economic Area:欧州経済地域)内に設立された検査機関及び船級協会等。

 

Q7.FTPコードとはどのようなものですか?

A7.船舶の火災試験は、SOLAS条約のFTPコード(Fire Test Procedures Code:火災試験方法コード)により国際的に統一された方法により実施されます。

製品安全評価センター(RIME)は、IMOの発行した「FTPコード認定試験所リスト」に掲載されており、更に、国土交通省海事局検査測度課より「火災試験方法の適用に関する国際コード(FTPコード)に係わる試験機関の認定」も取得しています。

 

Q8.製品安全評価センター(RIME)の試験成績書で、船級協会の承認が取得できますか?

A8.当センターは、国土交通省海事局検査測度課より「FTPコードに係わる試験機関の認定」を取得しており、日本国政府(JG)の型式承認試験のための成績書を発行します。

船級協会の承認については、船級毎に対応が異なりますので、当センターの試験成績書を添付資料とできることを事前に船級協会にご確認ください。併せて、船級協会の担当者と試験内容・項目についても事前に打ち合わせてください。

 

Q9.環境試験(温湿度試験、塩水噴霧試験等)は、どの位の大きさの試験体まで可能ですか?

A9.試験設備の寸法は、以下のとおりですが、開口部の寸法でも制限を受けますので、詳しくは担当者に御相談ください。

低温恒温室(幅3m×奥行き2m×高さ2m)

大型塩水噴霧試験機(幅1.8m×奥行き1m×高さ1.8m)

 

Q10.影響評価試験について、試験の申込から成績書の発行までどの位の期間がかかりますか?

A10.40℃加速試験を例にとると、影響評価試験の実施に約2ヶ月掛かります。試験のお申込(試験薬品、申込書、仕様書)を受付けてから、成績書の発行まで、約70日必要です。

 

Q11.影響評価試験は、どの様な薬品でも試験可能ですか?

A11.一般的に行っている40℃加速試験については、40℃で爆発や発火の危険性のある薬品を用いる試験は行えません。その場合、常温試験又は低温試験を行うことは可能ですが、加速試験ができないため、試験期間は40℃加速試験に比べて長くなります。

 

Q12.UN勧告に基づく危険物容器試験(小型容器、IBC容器等)の申込み方法を教えてください。

A12.製品安全評価センター(RIME)に申し込まれる前に、UN容器の認定検査機関である(一財)日本舶用品検定協会(HK)の申請手続を行ってください。

当センターへのお申込みについては、「試験等の申込・実施」を参照してください。

なお、試験申込書・試験仕様書については、容器の種類ごとに様式が異なります。

本Webサイトには掲載しておりませんので、直接、試験担当者にご連絡いただければ、必要な書類(試験申込書・試験仕様書)をE-mail等にてお送りします。

 

Q13.フレキシブルコンテナの性能試験について、「繰返し頂部つり上げ試験」のみの試験も可能ですか?

A13.可能です。その他、圧縮/積重ね試験、落下試験など単独での試験も可能です。

 

Q14.試験料金の請求書はいつ発行されますか?

A14.試験終了後又は試験成績書の発行後、1~2週間後に請求書を送付いたします。

なお、当センターに初めて試験依頼をされる場合、試験料金は前払いとなります。

試験後、料金に差異が生じた場合には、精算いたします。

 

Q15.申請書に添付した仕様書・図面や試験結果などの取扱いは、どの様になっていますか?

A15.製品安全評価センター(RIME)は、ISO/IEC 7025に基づいた品質管理を行っています。

品質方針、品質文書「センターにおける保安・秘密の保護に関する規定(文書番号RIME-GA-2-002)」に基づき、お預かりした仕様書・図面、試験結果、試験成績書等については、適切に管理しています。